特別支援教室巡回相談心理士を希望する方へ


特別支援教室巡回相談心理士 養成研修(2023年1月22日開催)

定員に達したため、受付を終了させていただきました。

東京都では、公立小・中学校において、情緒障害等通級指導学級を、在籍校で指導が受けられる特別支援教室に変更しました。

特別支援教室を設置している小・中学校には、1校につき年間40時間、特別支援教室巡回相談心理士が巡回し、児童・生徒の行動観察を行い、障害の状態を把握し、巡回指導教員・在籍学級担任等に指導上の配慮について助言しています。

東京特別支援教育心理研究センターでは、新たに東京都公立小・中学校特別支援教室における巡回相談心理士を希望される方を対象とした研修会を開催しています。

なお当研修について、公務員の常勤職など、兼業を禁止されている方は、参加をご遠慮ください。

開催に際して、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、感染予防対策を取ったうえで、密度緩和のため会場収容に余裕を持たせた参加人数となるよう計画します。

また、今後も他県から都内への移動が制限される可能性もありますので、参加対象を東京都並びに隣接県(埼玉県、千葉県、神奈川県、山梨県)にお住まいの方とさせていただきます。

会場で実施することが困難な状況となった場合には、オンラインでの実施、あるいは中止とすることもありますので、ご了承ください。

研修会 概要

日時 2023年 1月22日(日) 10:00~17:00
会場

ベルサール東京日本橋  ルーム4+5

(中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー5F)⇒ 会場WEBサイト(アクセス)

※新型コロナウイルスの感染状況によっては、オンライン開催へ変更となる場合があります。

定員

30名(予定)

対象者

臨床発達心理士、特別支援教育士、学校心理士、公認心理師

上記いずれかの有資格者で、かつ東京都並びに隣接県(埼玉県、千葉県、神奈川県、山梨県)にお住まいの方

※以前に、東京特別支援教育心理研究センター主催の養成研修を受講された方は、当研修には参加いただけませんのでご注意ください。

参加条件

以下の①~⑧の全てを満たす方 ① 児童・生徒の実態を発達の視点で捉えることができること。 ② 学習面、生活面の困難がある児童・生徒に対し、適切な合理的配慮が提案できること。 ③ 必要なアセスメントについての助言や結果の説明ができること。 ④ 学校の実態や特別支援教室の役割を理解し、具体的な支援方法が提案できること。 ⑤ 連携を支えるコンサルテーション能力があること。 ⑥ 必要に応じて保護者への対応(説明責任)を担えること。 ⑦ 個人情報及び機密性の高い事項を取り扱うため、適切、かつ、間違いのない情報の取扱いができること。 ⑧ 次年度以降に1校(年間40時間以内)以上の担当が可能なこと。

参加費 5,000円(事前振込)
備考 特別支援教室巡回相談心理士についての応募資格等、募集についての詳細は、下記ページでご確認ください。

募集について

プログラム

9:30~ 受付(会場にて)
10:00~

講義

●特別支援教室巡回相談心理士について

●特別支援教室における業務の実際 ①

●学校文化の理解

実習

12:30~ 昼休み
13:30~ 講義 特別支援教室における業務の実際 ②
実習 ② ③
特別支援教室巡回相談心理士 業務説明会

参加申込み

申込から受付完了までの流れ

<申込フォームより受付>

  ↓

【申込み締切り(12月9日)】

  ↓

<参加の可否についてのご連絡、および参加費振込先等のご案内>

  ↓

<参加費の入金確認>

  ↓

<参加受付完了>

申込フォーム
入力に際して

申込フォームでは下記についての入力が必要となります。

①お名前  ②所有する資格名とその登録番号  ③所属  ④電話番号  ⑤メールアドレス  ⑥住所  ⑦心理職・教職等、対人援助職の経験年数  ⑧専門家チームや巡回相談員、特別支援教育コーディネーター等、他職種連携をした経験年数 

●フォームに入力し、手続きが完了すると下記画面が表示されます。

●続いて、申込内容が掲載された内容の控えメール(自動配信)が届きます。

※メールは、送信専用アドレス "" から
自動で送信されます。

<申込受付完了画面が表示されたのに、控えメールが届かない場合>

(特にGmail・hotmail・outlook.jp・yahooメール等、
フリーメールサービスを利用の場合)

上記「申込受付完了画面」が表示された段階で申込手続き自体は完了していますので、控えメールが届かなかったとしても「再度申込フォームを開いて同じ内容で申し込む」というのは行わないでください。

※二重申込の状態で定員にカウントされてしまいます。

下記ボタンをクリックしてお読みいただき、対応願います。

お使いのメールソフトによっては、控えメールが迷惑メールと誤って判断され、迷惑メールフォルダに振り分けられる場合があります。受信フォルダに当方からのメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダの確認をお願いします。

例えば"Gmail"を利用の場合、画面左側の "受信トレイ" "送信済み" などの並びの下にある「もっと見る」の中、「迷惑メール」という所に格納されている場合がありますので確認ください。

また、お使いのメールサービスプロバイダによっては、各人のパソコンやスマートフォンにメールを受信する前の段階で、プロバイダ側が迷惑メールと誤判断し、プロバイダ側の迷惑メールフォルダに格納し、各人の端末への受信を保留にしている場合もありますので、メールサービスプロバイダのウェブメール画面等でご確認ください。

それでもなお、確認メールが見当たらないという場合は、下記「お問合せメール」よりお問い合わせください。

"Gmail"をご利用の方は併せて下記もご確認ください>

当方から自動送信される「控えメール」を"Gmail"で受信される場合、「このメールにはご注意ください。Gmailでは、このメールが本当に tokyo-seprec.jp から送信されたものであることを確認できませんでした。」というようなメッセージが表示される場合があります。

"Gmail"では、当サイトの申込システムのような「自動で送信されるメールの送信元アドレス()」に対し、上記のようなメッセージで注意を促す場合がございますが、上記アドレスは当方で所有し使用しているメールアドレスですのでご安心ください。

またそのメッセージが表示された際、「迷惑メールとして報告」というボタンが掲載されているケースもございますが、そのボタンはクリックされませんようにお願いいたします。

参加の可否 締切り(12月9日)後、申込内容を確認し、参加の可否をメールでご連絡します。
参加費支払い

上記の、参加の可否についてのメールでのご連絡の際、併せて参加費の振込先をご案内します。

※ご入金が確認できた時点で、参加受付が完了します。

備考

●お申し込みが定員を超えた場合は、申込フォームにご入力いただいた上記⑦⑧における経験年数や、お住まいの地域を考慮して参加の可否を決めさせていただきます。

●心理士各資格の研修ポイントの申請は予定していません。

申込フォーム

定員に達したため、受付を終了させていただきました。

※「キャンセル待ち」の受付も終了しています。

(キャンセル待ちを登録済みの方のうち、お席がご用意できた方にはメールにてご連絡します。)

申込み締切 2022年12月9日(金)

※申込み者が多い場合、締め切りが早まる場合があります。

お問合せ お問合せはメールにてお願いします。
下記をクリックください。(東京特別支援教育心理研究センターあて)

申込みのキャンセル

お申込み後に参加が出来なくなった場合は、下記「キャンセル受付フォーム」より、必ずご連絡をお願いします。

参加キャンセル受付

会場マップ

ベルサール東京日本橋(中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー5F)⇒ 会場WEBサイト(アクセス)

▶ 大きなGoogleMapで表示