MENU

特別支援教室巡回相談心理士を希望する方へ


養成研修受講要件

公認心理師、臨床発達心理士、特別支援教育士、学校心理士のいずれかの資格を有していること。

かつ、以下の①~⑧の全てを満たす方 ① 児童・生徒の実態を発達の視点で捉えることができること。 ② 学習面、生活面の困難がある児童・生徒に対し、適切な合理的配慮が提案できること。 ③ 必要なアセスメントについての助言や結果の説明ができること。 ④ 学校の実態や特別支援教室の役割を理解し、具体的な支援方法が提案できること。 ⑤ 連携を支えるコンサルテーション能力があること。 ⑥ 必要に応じて保護者への対応(説明責任)を担えること。 ⑦ 個人情報及び機密性の高い事項を取り扱うため、適切、かつ、間違いのない情報の取扱いができること。 ⑧ 次年度以降に1校(年間40時間以内)以上の担当が可能な方。

養成研修の予定

2019年
12月1日 特別支援教室巡回相談心理士 養成研修
2020年
1月26日 特別支援教室巡回相談心理士 養成研修
2月9日 特別支援教室巡回相談心理士 養成研修
※それぞれ、3~4ヶ月前より、申込みを開始します。